CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
CATEGORIES
自尊感情回復プログラムSEP 実施状況
【当事者向け】 ●一般SEP…大阪市中央区のWANA関西内で実施する一般の方向けのSEP(年2回) ●施設SEP…母子施設内で実施しています(年2回) *参加ご希望の方は、Eメール sep@wana.gr.jp へご連絡ください 【支援者向け】 ●初級研修…初めての方へ。SEP基礎理論とファシリテーション体験(年2回) ●中級研修…初級を受けた方へ。認知修正とファシリテーショントレーニングが中心です(年2回)。 ●スタートアップ研修…SEPを始める方へ、ツール付のスターターセット研修(不定期) ●SEP研究会…SEPを実施している方の勉強会です *参加ご希望の方は、Eメール labo@wana.gr.jp へご連絡ください
【2日間】第16回 初級 SEP支援者養成研修
【参加者募集】 ●日程 2019年10月12日(土)13:00 -17:30 /13日(日)10:00-17:00 (予定) ●会場 大阪市中央区 一般社団法人WANA関西(ワナカンサイ)  ●研修費 36,000円(税込)テキスト・資料代含む ●対象 行政・福祉・心理・教育・司法・地域など各領域で対人支援技術を必要とする方 ●参加希望者はEメールの表題(件名)に「SEP研修参加希望」と書き、参加希望者のご氏名を labo@wana.gr.jpまでお送りください ★必ずPCからEメールを送り、こちらの添付書類が受け取れるようご設定ください。
2019 秋 当事者向けSEP(自尊感情回復プログラム)
家族からの暴力や虐待による心の傷に苦しんで来た方を対象としています。事前のアセスメント面談と6回すべての土曜日に出席が必要です(場所は大阪市中央区WANA関西) 1.アセスメント面談 心理検査を含む70分、税込み7,020円 *予約制 2.プログラム5回  13:00-14:30 10/5 10/19 11/2 11/16 11/30 3.フォローアップ 2020/3/28 13:00〜14:30 受講費: 税込45,360円(参加7回 + 心理テスト3回込み) ご希望、お問い合わせはsep@wana.gr.jp までEメールにてご連絡ください。
MOBILE
qrcode
2019年 研修・講演情報【更新あり】
0

    【2019年】 講演・研修

    赤字の日程は開催予定

     

    1/30 【京都】乙訓障がい者基幹相談支援センター(相談員向け)

          「傷つけあう家族 〜DV・虐待をのりこえて〜」

     

    2/8  【大阪】大阪市こども相談センター(職員向け)

            SEP プログラム周知研修

     

    2/20 【大阪】東大阪市内 公立小学校(教職員向け)

           被虐待児とその親への対応

     

    3/6  【兵庫】兵庫県男女共同参画センター(相談員向け)

      

    3/15 【大阪】大阪府社会福祉協議会(母子生活支援施設職員向け)

       「母子施設における自尊感情回復プログラムSEP実践者養成基礎研修」

     

    4/28 【大阪】シンママ大阪応援団(シングルマザー向け)

        シンママSEP学習会

     

    6/1・6/15 【奈良】女性の活躍支援講座1(一般向け)

           ワタシのあしたは変えられる!〜自尊感情回復トレーニング入門〜

        ※募集終了

     

    7/5 【大阪】大阪市こども相談センター(職員向け)

       SEP プログラム周知研修

     

    7/31 【兵庫】あかし男女共同参画センター (職員向け)

        スーパーバイズ研修

     

    8/11 【大阪】シンママ大阪応援団(シングルマザー向け)

    予定  シンママSEP学習会

     

    9/20 【大阪】府内A母子生活支援施設(職員向け)

    予定  SEPに関する研修

     

    11/6 【大阪】泉南市人権協会(一般向け)

    予定  虐待防止に関する人権講座  *詳細は決定次第、お知らせします

     

    11/26 【京都】八幡市役所(一般向け)

    予定  八幡市市民講座  *詳細は決定次第、お知らせします

     

    12/4 【香川】香川県女性センター(支援者向け)

    予定  SEPに関する研修

     

    12/17 【京都】京田辺市人権教育研究会(支援者向け)

    予定  子どもの自尊感情回復を学ぶ研修

     

     

    | 藤木の講演・活動 | 10:05 | comments(0) | - |
    ABCラジオ出演予定のお知らせ
    0

      藤木が朝からラジオでしゃべりますよ〜!


      ABCラジオ(朝日放送)AM1008/FM93.3
      「おはようパーソナリティ道上洋三です」(月〜金、6:30〜9:00)
      約40年、多くのリスナーに愛される長寿番組に、藤木がゲストとして出演予定です。
      出演は、7月4日(木)8:00頃〜20分程度(予定)


      もちろん、テーマは「SEP(自尊感情回復プログラム)」についてです。パソコンやスマホがあれば、「radiko(ラジコ)」で手軽に聞くことができますので、朝の忙しい時間ですが、ご関心のある方は是非♪先日の奈良の講演でも、アンケートに「講師の声が良い」との嬉しい感想が(笑)朝から藤木の声を元気になってください!

       

      ラジコ(radiko):http://radiko.jp/

      ※放送は予告なく、変更になることがあります

      | 藤木の講演・活動 | 10:38 | comments(0) | - |
      テレビ放映のお知らせ
      0

        連日、児童虐待の報道が続いています。

        6月26日(水)、関西テレビ報道番組「報道ランナー」(関西テレビ 16:45〜19:00)において、「DVから生まれる児童虐待、当事者たちの思いとは…」という切り口で虐待問題がクローズアップされる予定です。
        SEPで回復された女性のコメントや、番組内で代表藤木のコメントが紹介される予定です。是非ご覧ください。
        https://www.ktv.jp/runner/

        ※番組の内容は予告無く変更になる可能性があります

        | 藤木の講演・活動 | 13:50 | comments(0) | - |
        シンママSEP学習会を開催しました
        0

          シンママSEP学習会 開催報告!

           

          4月28日に「第1回シンママSEP学習会」を開催しました。

          これは、一般社団法人シンママ大阪応援団からご依頼をいただいたコラボ企画です。

           

          「シンママ」というのは、シングルマザーのこと。

          シンママ大阪応援団は、シングルマザーとその子どもを応援する、大阪社会保障推進協議会を運営の母体とする団体です。毎日、子どもと一緒になんとか頑張っているお母さんたちだけど、心の中は傷つきがいっぱい。それをケアしてこれからの人生を今よりもっと楽しいものにしてほしい、という思いで講座のご依頼をいただきました。

           

           

           

          感想の一部をご紹介します。

           

          ●10代後半で出産し、子育てをしてきた。昔の自分なら自動思考がもっとたくさんあったが、今回チェックするとそんなにたくさん該当しなかった。10年の間に成長したからだと思う。でも、自分が10年かかったことをSEPは短期間で気づけるならとても貴重だと思う。

           

          ●子どもが発達障害で入退院を繰り返している。自分は介護の仕事をしていて基礎知識もあるので自動思考は少ないが、子どもにはがいっぱいある。しかし、今回の講座で自分が「自分のことは自分でやるべき」「なんでこの子はちゃんとできないの?」という認知を子どもに対して持っていることに気づけた。

           

           

          短い時間ではありますが、様々な学びをして下さったこと、とても嬉しく思います。SEPが、皆さんのこれからの人生を少しでも明るいものにするヒントになればと思います。

           

          | 藤木の講演・活動 | 11:08 | comments(0) | - |
          あの本が電子書籍で復活します
          0

            少し肌寒い春が一変して、暑いくらいの陽気ですね。皆さまお元気でしょうか。今日は作家の藤木美奈子です。

             

            このたび、出版社の講談社からうれしいお知らせが届きました。これまで絶版となり、入手不可能だった文庫本を、電子化して、デジタル利用・オンデマンド出版として再び販売しよう、という企画です。「あの本がいつまでも読めるプロジェクト」という名前がついていました。

            今回、対象になっていた私の本は以下の3冊でした。

             

            ・女子刑務所―女性看守が見た「泣き笑い」全生活
            ・ストーカー・夏美
            ・傷つけ合う家族 ドメスティック・バイオレンスを乗り越えて

             

            どれも思い出深い作品です。とりわけ「女子刑務所」は私の初作で10刷、「傷つけ合う家族」は5刷と健闘しました。「ストーカー夏美」は小説であり、初刷で2万冊ほどでしたが、増刷されなかったために、売り切れ後は入手できなくなっていました(そのためにプレミアがついて、現在、中古で25000円ほどの価格がついています) 。

             

            自画自賛に過ぎませんが、こんないい本をなんで買えなくしてしまうのかな(笑)と、自費での復刻も何度考えたかわかりません。しかし、大きな金額になってしまうので、断念してきました。

            そういうわけで、今度のお知らせはとてもうれしいものです。ただ、オンデマンドは注文があり次第、本の形にするため、文庫本の通常価格(600〜700円ほど)よりは多少高くなるかもしれず、映画一本分の金額くらいにはなりそうです。それでもこの世から消えてしまうよりはと考えていただけたら何よりです。

             

            なぜなら、私の本は、ご本人にはもちろんですが、家族の問題でしんどさをかかえた人に読んでいただきたい作品ばかりです。ちょっと気になるあの人への贈り物としてお選びいただけたらと思っています。

             

            これから準備をして、発売開始は来年2020年の春頃とのこと。入手可能になったらまたお知らせしますが、当時手に入らなかった方はぜひ講談社へご予約・お問い合わせいただけたらと思います。

             

            講談社「あの本がいつまでも読めるプロジェクト」
            電話 0120(911)700(無料)

            | 藤木の講演・活動 | 17:29 | comments(0) | - |
            兵庫県男女共同参画センター 相談担当者研修 講演報告
            0

              3月6日、兵庫県男女共同参画センター 相談担当者向け、研修にて講演を行いました。

               

              今回の研修には、DV相談の相談員、保健福祉センターの婦人相談員、子育て支援をする保健師の方、家庭児童相談員、地方検察局の社会復帰支援担当者など、多岐にわたる領域で活躍される方々がご参加くださいました。

              アンケート回答者全員が研修に対して「良かった」と回答されました。

               

               

              参加者の感想の一部をご紹介します。

              ●相談で「育ちの傷」を持っている人と対面している。今回の研修は具体的な内容で、実践に役立つ。

              ●精神疾患を持つ相談者への対応は本当に難しいが、今回の講座を聴いて、これからの業務への自信がついた。

              ●長期間、辛いという相談内容をただ繰り返す相談者に対し、これまでは傾聴するしかなかったが、今回の研修でひとつの方向性を見出すことができた。

              ●これまで対応がうまくいかないケースがあり、自信を無くすことも多々あったが、今回のお話を聞いて、さらに努力していこうという気持ちになった。

               

               

              女性支援、子育て支援の現場だけでなく、触法者の社会復帰のためにも、自尊感情の回復と、それと並行した社会的スキルの獲得は必須です。必要性を感じて下さった皆さんに感謝するとともに、是非多くの支援現場でSEPが当たり前に提供されるようになることを願います。皆さん是非一緒に学びましょう!

               

               

              *SEPの技術を学びたい方はsep@wana.gr.jpへ

              *まずは自分の心の傷を治したい方はlabo@wana.gr.jpへお問い合わせください

              (尚、PCメールをブロックされている等の理由で返信してもエラーになる場合がございます。お問い合わせの際は、必ず、お名前とお電話番号を明記してください)

              | 藤木の講演・活動 | 22:11 | comments(0) | - |
              大阪市こども相談センターで研修をしてきました
              0

                大阪市こども相談センター SEP周知研修報告

                 

                2月8日、藤木が非常勤セラピストを務める大阪市こども相談センター(児童相談所)で、職員向けのSEP周知研修を行いました。これは日頃、最前線で関わる職員の方に、SEPの効果や内容を知っていただき、SEPの必要な方をSEPに積極的につなげていただく企画です。

                参加された方の感想をご紹介します。

                 

                ------------------------------------------------------------

                 

                内的支援は主に心理司の方の役割だと思っていましたが、福祉司が親面接を担当することが多いので、福祉司にも必要な視点、技術と思いました(児童福祉司)。

                 

                相談をうける中で”考え方”が大事な要因の1つだというのは分かっていたけれど、自分の中で”人の考え方なんて変わらないし、自分が何かできるとも思えない”と考えていました。今日の研修で、まず自分の考え方がどういうものがあるか理解すること、自分を理解することで相手をさらに深い部分で理解できて、それが支援につながるんだと思いました(児童福祉司)。

                 

                虐待をしてしまった親側の支援は、結果的に子どもの支援にもつながることがわかりました。ありがとうございました(心理)。

                 

                「認知のゆがみ」を変えていくプロセスは興味深かったです。親自身が育ちの中で傷ついているという視点を大切にしたいです(児童福祉司)。

                 

                ------------------------------------------------------------

                 

                 

                連日のように子どもの虐待死の報道が聞かれる最中の研修開催ということもあってか、職員の皆さんがいつもに増して前のめりで受講していたように思います。

                支援者があらゆる種類の相談に100%対応することはできません。しかし、すべての対人援助者が「育ちの傷」や「認知の歪み」ついて認識して支援に臨んでいたら、相談者の方の発言の中からいち早くそのサインを察知し、心理支援を提案することができます。

                研究所としても、心理職だけでなく、対人援助や教育に関わる多くの方がその理解を持って支援に携わられることを願い、今後も研修・講演に尽力していきたいと思っています。

                 

                | 藤木の講演・活動 | 10:10 | comments(0) | - |
                京都府乙訓障がい者基幹相談支援センター 講演報告(追記あり)
                0

                  京都府乙訓障がい者基幹相談支援センターで、支援者向けの講演をしてきました。

                  集まられたのは障がい福祉サービスに携わる事業所または行政機関の職員の方々です。

                   

                  テーマは、虐待者の支援について。

                  虐待の問題は、児童領域だけでなく、障害者領域でも大きな問題になっており、家族による虐待や支援者による虐待が昨今、報道でも取り上げられるようになってきました。もちろん、虐待が絶対にしてはいけないことであることは議論の余地もありませんが、その問題を改善するためには、環境や社会資源の問題だけでなく「なぜ虐待をしてしまうのか」という加害者側の心の問題に焦点化する必要があります。

                   


                   

                  今回、この虐待防止研修を企画された「障がい者基幹相談支援センター」というのは、地域での障がい者支援の「核」といえる機関で、障害者やその家族の相談支援だけでなく、障害福祉の事業所との連携や後方支援をする大切な機関です。利用者や当事者の方の生活の質の向上を考える上で、ただ単に「虐待をしてはダメ!」と圧をかけるのではなく、一番近くで彼らを支える養育者や支援者の方の心の状態に目をむけられるような研修を、と考えておられる主催者の方々に非常に感銘を受けました。

                   

                   

                  -------------------------------------------------------------------------------------------

                   

                  2月14日追記

                  研修主催者様から研修参加者の感想をいただいたので以下にご紹介します。

                   

                  ・日頃の業務で虐待に関係するケースは少ないが、ヘルパーさん自身が自信がないを繰り返す人がいるので「どう考えたらラクか?」と考えてみませんかと声をかけてみたいと思いました。

                   

                  ・実際に虐待を行った方の行動の裏にその方の育ちの経験がある事に気がついたことが良かった。

                   

                  ・虐待の背景にある社会の「ゆがみ」が気になります。”気の持ち方”や”考え方”という個人の認識に影響を与える社会のゆがみ(貧困、競争、成果主義、自己責任)をどう考えていくのか。それでも、SOSが出せる、SOSを受け止める人、支援機関が大事ですね。

                   

                  ・日頃の業務の中で関わるケースを思いうかべながら話をきくことができた。自分の考え方や感じ方のパターンを改めてふりかえることができた。しんどい状況の方に、どのように言葉をかけたらいいのか、いつも聞くことしかできないと感じていたが、どう考えたら楽になるのか、その言葉を投げかけるだけで行きづまっていることに少し別の方向からアプローチできるのではと思えた。

                   

                   

                  | 藤木の講演・活動 | 10:34 | comments(0) | - |
                  雑誌「発達」157号に藤木の寄稿文章が掲載されました!
                  0

                    雑誌「発達」157号に藤木の寄稿文章が掲載されました!

                     

                    TVニュースや新聞でも、連日、児童虐待のニュースが流れ、胸を痛める方も多い中、雑誌「発達」に藤木の寄稿文が掲載されました(157号 2019年1月25日 ミネルヴァ書房)。

                     

                    「発達」は、子どもの発達からそれを取り巻く環境などをテーマに、保育や教育現場の従事者から研究者・学生などに広く購読されている雑誌です。
                    今回は児童虐待の特集。藤木は「親のトラウマを短期間で軽減する心理プログラムとは」というタイトルで、子どもの健全な発達のためには親の心理的ケアをと、SEPを活用した支援の様子を紹介しています。


                    公式HPの雑誌紹介ページはこちら→http://www.minervashobo.co.jp/book/b413301.html

                    amazonの当該ページはこちら→https://www.amazon.co.jp/%E7%99%BA%E9%81%9415…/…/ref=sr_1_1…

                    | 藤木の講演・活動 | 18:58 | comments(0) | - |
                    愛知県大府市での講演のご報告
                    0

                      11月23日、大府市のNPOミューぷらんおおぶ様の主催で、代表藤木が講演をさせていただきました。

                       

                      当日、会場は100名定員の会場が超満員。参加者は、DV被害の当事者の方や家族の方、支援者の方等さまざまで、これまでで一番多くの参加者が来られたそうで、次から次へと追加のパイプ椅子が並べられました。

                      講演の後には藤木の著書のサイン会も行い、あたたかい雰囲気の講演会となりました。

                       

                       

                      参加者された方の感想の一部をご紹介します。

                       

                      ●「自尊感情を回復させることは可能」とのお話に感銘しました。

                       

                      ●私も子どもが小さい頃は言うことを聞かなかったり、思うようにならない時はカッとなって手をあげてしまったり、暴言を吐いてしまったことがあり反省です。今思い返せば、自分も育児や家事で余裕がなく、イライラしていたのだと思います。子どもたちに育ちの傷ができていないかちょっと心配になりました。

                       

                      ●”人生の価値は『学びの量』にある。険しい山を選んだ人生に胸を張れ”という言葉に励まされました。


                      ●私の母もDVを受けていたと思っています。(中略)私も今、正直子育てに苦しんでいます。親のせいだと言いたくないですが、親のせいであると思わずにいられません。なるべく感情を抑える方法を知りたいです。

                       

                      ●「DV」という言葉は知っていたけれど、具体的に勉強できて良かった。治すことができるんだと知ることができた。

                       

                       

                      参加してくださった皆さんが、それぞれの立場で感じて下さった思いが伝わって参りました。

                       

                      お越しくださった皆さん、ありがとうございます。

                      もし、皆さんの身の周りで苦しんでいる方がおられたら、「どんな人生も素晴らしい」「自尊感情は考え方の修正で回復できる」是非このメッセージをお伝えいただければ幸いです。

                       

                       

                      -----------------------------------------------------------------------

                      SEP研究所では、DV、虐待、障害、母子支援、矯正、社会的弱者の支援、自尊感情の回復に関する講演、研修を行っています。ご相談、お問い合わせはlabo@sep.gr.jpまでお気軽にどうぞ。

                       

                      | 藤木の講演・活動 | 16:01 | comments(0) | - |
                      | 1/3PAGES | >>