CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
CATEGORIES
自尊感情回復プログラムSEP 実施状況
【当事者向け】 ●一般SEP…大阪市中央区のWANA関西内で実施する一般の方向けのSEP(年2回) ●施設SEP…母子施設内で実施しています(年2回) *参加ご希望の方は、Eメール sep@wana.gr.jp へご連絡ください 【支援者向け】 ●初級研修…初めての方へ。SEP基礎理論とファシリテーション体験(年2回) ●中級研修…初級を受けた方へ。認知修正とファシリテーショントレーニングが中心です(年2回)。 ●スタートアップ研修…SEPを始める方へ、ツール付のスターターセット研修(不定期) ●SEP研究会…SEPを実施している方の勉強会です *参加ご希望の方は、Eメール labo@wana.gr.jp へご連絡ください
【2日間】第14回 初級 SEP支援者養成研修
【参加者募集】 ●日程 2018年10月6日(土)13:00 -17:30 /7日(日)10:00-17:00 (予定) ●会場 大阪市中央区 一般社団法人WANA関西(ワナカンサイ)  ●研修費 36,000円(税込)テキスト・資料代含む ●対象 行政・福祉・心理・教育・司法・地域など各領域で対人支援技術を必要とする方 ●参加希望者はEメールの表題(件名)に「SEP研修参加希望」と書き、参加希望者のご氏名を labo@wana.gr.jpまでお送りください ★必ずPCからEメールを送り、こちらの添付書類が受け取れるようご設定ください。
2018 秋 当事者向けSEP(自尊感情回復プログラム)
家族からの暴力や虐待による心の傷に苦しんで来た方を対象としています。8回すべての土曜日に出席が必要です(場所は大阪市中央区WANA関西) 1.説明会 2018/8/25 10:30〜11:30 2.個別面談(ひとり40分)9/15 *予約制 3.プログラム5回  13:00-14:30 9/29 10/13 10/27 11/10 11/24 4.フォローアップ 2019/3/23 13:00〜14:30 (参加希望者多数の場合はプログラム3回め以降2部制になります。詳しくはお問合せ下さい)   受講費: 税込45,360円(参加8回 + 心理テスト3回込み)*説明会参加はEメールを sep@wana.gr.jp までお送りください。*まずご相談を希望される方はインテーク面談をご予約ください(心理検査込 70分:7020円)
MOBILE
qrcode
自主勉強会SV 報告
0

    大阪を拠点としたSEP自主勉強会が、中級SEP研修を受講されたメンバーを中心に活動されており、以前よりその勉強会の活動報告を掲載していましたが、3月24日、その自主勉強会のSV(スーパーバイズ)を行いました。

     

    *******************************************************************

    参加者:大阪の自主勉強会メンバー7名(行政機関の子ども虐待対応、社会福祉士、高齢者施設に勤務する精神保健福祉士、福祉施設職員、看護師、小学校教員など)

    時間:2時間

    内容:SEPロールプレイ、藤木による指導・助言、質疑応答

     

    ロールプレイでは、相談者役の方からの「人事異動における不安・恐怖」をテーマにグループが展開されました。紆余曲折ありながら、相談者が”どのように評価されるか”に対して不安や恐怖を感じているのかが明らかになり、「自分の評価は自分で決めよう」という認知修正に至りました。

     

    藤木からのSVでは、

    ★ファシリテーターからメンバーに対して評価的、または主観的なコメントはできるだけしない

    ★感情に焦点化しすぎず、認知の同定と修正へ導くように

    ★質問は明確かつシンプルに

    ★板書は書きすぎないで、本人の言葉や認知だけを

    などのポイントが指導されました。

     

    また、これ以外にも、グループ内で対立するような意見がメンバー同士から出た時の対応について、グループ開始前の個別面談での心構えについてなどが質疑応答で話し合われました。

    今回、自主勉強会に対しての初めてのSVでしたが、事務局スタッフが何より驚いたのは自主勉強会メンバーのステップアップの度合いです。やはり、月1回でも継続して実践されているだけあり、以前に研修を受けられた時よりもグループの展開の仕方もスピードもとても上達されていました。ファシリテーターをしていた方だけでなく、板書やグループ参加者役をされていた方も質問や発言されることがより実践を見据えた重要なものが多く、実践練習の効果の高さを改めて感じました。

    *********************************************************************

     

    SEP初級、中級研修を受けられた方、各地域での自主勉強会を是非積極的に始めてください!(始められる際には、是非事務局にご一報くださいね)

    また、なかなかお近くで一緒に勉強会を始める仲間が見つからないという方のためにファシリテーション練習に特化した研修も現在開催検討中です。詳細は決定次第、ブログやHPに掲載しますが、関心のある方は是非メールでご連絡ください。

    | SEP研究会・自主勉強会 | 11:37 | comments(0) | - |
    SEP自主勉強会 第5回報告と次回のお知らせ
    0

      ■SEP自主勉強会 第5回報告と次回のお知らせ

       

      日時:2018.1.19   19〜21時
      場所:ドーンセンター(大阪市)
      参加者:3名

      〈ロールプレイ&テーマ〉
      Aさん、38歳、女性の事例。
      ・職場で務めて8年目、現在中間管理職になり2年目。

      勤務開始から3,4年の間は持てていた、『認められている感』『役に立てている感』が持てない。


      ・誰に認められていないと感じるのか、誰の役に立てていないと感じるのか?というファシリテーターの投げかけをきっかけにAさんの過小評価、白黒思考など、認知の歪みにつながる自動思考がみえてきた

      (Aさんは社会からの評価、職場の仲間からの評価にとらわれ、日々役に立てているはずのクライアントからの評価が見えなくなっていた)
      ・参加者から、全てをやれなくて良い、今でも充分やれていることがある、理想を高く持ちすぎでは?などの意見をもらい、

      私は私でまあまあやれてるのよ!」という認知修正の文言を選択して終了。

      〈ふりかえり〉
      ・ファシリテーターが「さて」「では」などをうまく使うことにより、進行のメリハリがついてわかりやすい
      ・板書時、相談者本人の発言と参加者の発言が混じらないような工夫が必要(記号や色を変えるなどの工夫が有効)
      ・相談者が発想の転換をできるような質問のレパートリーを増やしたい
      ・前回、今回と3人での実施で、相談者、ファシリテーター、板書で分担すると参加者がいない状態なので

      できればあと1〜3名程度の参加があるとベター

      *次回2/21(水)19:00〜21:00
      *遠方やお試しのスポット参加、男性の参加もOKです(1回500円)。
      参加希望はまずSEP研究所 labo@wana.gr.jp までご連絡を。

      | SEP研究会・自主勉強会 | 15:36 | comments(0) | - |
      SEP自主勉強会 第3回報告と次回のお知らせ
      0

        ■第3回SEP自主勉強会

         

        日時:2017.1.17 19〜21時
        場所:ドーンセンター(大阪市)
        参加者:4名

         

        <ロールプレイ:テーマ>
        ・自信喪失、努力しているが、抜け出せない時もある。
        仕事上のこと、福祉は稼げないと思ってしまうのと、役に立っているのかと思ってしまう。福祉でもソーシャルビジネス的にうまくやっている人もいるのに。うまくいかない私は・・・。
        ・もう一歩踏み出せているよね。わたしならできる、で修正・定着を頑張る。
        <ふりかえり>
        ・F(ファシリテーター)の経験によってやりやすいテーマとやりにくいテーマがある。どうしたらいいか(例:子育て、不妊問題など)
        ・Fの認知の歪みの自覚も必要
        ・板書のパターンがあれば教えてほしい
        ・言語化が難しい人のばあ、どう言葉を引き出すか
        ・これで3回、自主勉強会をやったが、学びがあると感じる。

         

        *次回12/6(水)19:00〜21:00

        *遠方やお試しのスポット参加、男性の参加もOKです(1回500円)。

        参加希望はまずSEP研究所 labo@wana.gr.jp までご連絡を。

        | SEP研究会・自主勉強会 | 13:31 | comments(0) | - |
        SEP自主勉強会 第2回報告と次回のお知らせ
        0

          ■第2回SEP自主勉強会

           

          日時:2017.10.13  19〜21時
          場所:ドーンセンター(大阪市)
          参加者:5名  

           

          <内容>
          ・前回ふりかえり。
          ・運営面の話し合い(欠席者には音声ファイルを提供する)
          ・メンバーは一回500円。遠方やお試しのスポット参加もOK(1回500円)。
          大阪以外の1回のみ参加もOK。男性の参加可。
          ・ロールプレイ
          テーマ:自信が持てない、仕事でうまく行かず、自分には価値がないと思ってしまう。
          相談者役の課題:育ちの傷があるとわかっているのに、なかなか触れてもらえない。待つ。代弁はできていた。
          ファシリテーター:育ちの傷に触れて、ワーッと出たらどうしよう。迷っていた。時間にとらわれずに、満足があるよな聞き方はないか(SVで相談)。話すことでスッキリ感、安心感はあるんだなという感覚があった。

           

          *次回、2017.1.17 19〜21時 

          *遠方やお試しのスポット参加、男性の参加もOKです(1回500円)。参加希望はSEP研究所 labo@wana.gr.jp まで。

          | SEP研究会・自主勉強会 | 13:30 | comments(0) | - |
          SEP自主勉強会 報告と次回のお知らせ
          0

            嬉しいことに、SEP自主勉強会ができました!

            中級研修を修了した仲間が集まり、グループ練習をされています。

            その報告(感想)と、次回の勉強会の予告をお知らせします。

            ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

            ■第1回SEP自主勉強会
            日時:2017.9.6  19〜21時

            場所:ドーンセンター(大阪市)
            参加者:4名  I、Mo、Y、O

             

            <内容>
            1.自己紹介 + SEPをどんな場で生かしたいか
            2.勉強会の進め方についての話し合い
            3.ロールプレイ(30分間)

              相談内容:お金に執着してしまう
            4. ふりかえり(20分間)
            ・(相談者役)否定されず、安心して話せた。自分とは違う考え方を聞けて良かった。「あなたにとってお金は何の象徴?」という質問は新鮮だった。
            ・(参加者役)相談者とは違う選択をした自分の体験を話してよかったのか。
            ・(ファシリテーター)どこに焦点を当てるのか、難しかった。「どの言葉が印象に残りましたか?」「どこが認知のゆがみだと思いますか?」等の促しをすればよかった。
            ・二つのエピソードが出たが、一つを選んで掘り下げてもよいのではないか。

             

            <課題>
            ・話が長くなる人にどう対応するか。
            ・参加者の発言で相談者が傷ついた可能性がある場面でどう対応すべきか。

             

            <次回の日程>
            10月13日(金) 19:00〜21:00 ドーンセンター(大阪市)
            参加予定人数 6人  費用500円

            ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

             

            *勉強会への参加者は中級の受講修了者に限ります。
            *参加希望者は、まず、SEP研究所  labo@wana.gr.jp  「自主勉強会係」までご連絡を(あなたの氏名および受講年をお知らせください。勉強会の世話人の連絡先をお知らせします)。

             

            *あなたのお住まいの地域でも、SEP自主勉強会を立ち上げませんか?

            (このブログでの呼びかけも可能です)

            自主勉強会で上がった課題に対しては、藤木のSV(サポート・指導)も検討中です。

            いずれも連絡先は SEP研究所 labo@wana.gr.jp まで。

            せっかく学んだSEP。定期的にケース練習して、腕に磨きをかけましょう! 

             

            | SEP研究会・自主勉強会 | 15:04 | comments(0) | - |
            | 1/1PAGES |