CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
CATEGORIES
自尊感情回復プログラムSEP 実施状況
【当事者向け】 ●一般SEP…大阪市中央区のWANA関西内で実施する一般の方向けのSEP(年2回) ●施設SEP…母子施設内で実施しています(年2回) *参加ご希望の方は、Eメール sep@wana.gr.jp へご連絡ください 【支援者向け】 ●初級研修…初めての方へ。SEP基礎理論とファシリテーション体験(年2回) ●中級研修…初級を受けた方へ。認知修正とファシリテーショントレーニングが中心です(年2回)。 ●スタートアップ研修…SEPを始める方へ、ツール付のスターターセット研修(不定期) ●SEP研究会…SEPを実施している方の勉強会です *参加ご希望の方は、Eメール labo@wana.gr.jp へご連絡ください
【2日間】第13回 初級 SEP支援者養成研修
【参加者募集】 ●日程 2018年5月19日(土)13:00 -17:30 /20日(日)10:00-17:00 (予定) ●会場 大阪市中央区 一般社団法人WANA関西(ワナカンサイ)  ●研修費 36,000円(税込)テキスト・資料代含む ●対象 行政・福祉・心理・教育・司法・地域など各領域で対人支援技術を必要とする方 ●参加希望者はEメールの表題(件名)に「SEP研修参加希望」と書き、参加希望者のご氏名を labo@wana.gr.jpまでお送りください ★必ずPCからEメールを送り、こちらの添付書類が受け取れるようご設定ください。
2018 夏 当事者向けSEP(自尊感情回復プログラム)
家族からの暴力や虐待による心の傷に苦しんで来た方を対象としています。8回すべての土曜日に出席が必要です(場所は大阪市中央区WANA関西) 1.説明会 2018/6/9 10:30〜11:30 2.個別面談(ひとり40分)6/30 *予約制 3.プログラム5回  13:30-15:00 7/7 7/28 8/11 8/25 9/1 4.フォローアップ 2019/1/12 13:30〜15:30 (参加希望者多数の場合はプログラム3回め以降2部制になります。詳しくはお問合せ下さい)   受講費: 税込45,360円(参加8回 + 心理テスト3回込み)*説明会参加はEメールを sep@wana.gr.jp までお送りください。*まずご相談を希望される方はインテーク面談をご予約ください(心理検査込 70分:7020円)
【2日間】第4回 中級 SEP実践者養成研修
●日程 2018年7月14日(土)13:00〜17:30 / 15日(日)10:00〜17:00(予定) ●会場 大阪市中央区 一般社団法人WANA関西(ワナカンサイ)  ●研修費 計36,000円(税込)  ●対象 対人支援に関わる方で、初級研修をすでに受講された方のみご参加いただけます。 ●参加希望者はEメールの表題(件名)に「SEP研修参加希望」と書き、参加希望者のご氏名を labo@wana.gr.jpまでお送りください ★必ずPCからEメールを送り、こちらの添付書類が受け取れるようご設定ください。
MOBILE
qrcode
<< こどものPTSD。怒鳴るのはやっぱりダメ(Yahooニュース第3位!) | main | SEP自主勉強会 第5回報告と次回のお知らせ >>
対人援助者Tさんから、個別SEPの感想をいただきました
0

    氏名  Tさま 39歳


    終了年月日:平成29年12月
    .廛蹈哀薀爐忙臆辰靴
    感想:良かった
    理由: 生きてて大丈夫だと思えるようになったから。

    費用
    感想:安い
    理由: 昔、かなり長期間に渡り、カウンセリングを受けてたけど(その時は自分にそれが必要だったとは思うが)、SEPのような効果はなかった。一般的なカウンセリングの料金と比較しても高いとは思わない。

    その他
    先生、ありがとうございました。受けさせてもらえてほんとに良かったです。
    私にはまだ課題があるから、今後もお世話になれたらと思うんですが、日々が穏やかになりました。

    子どもが不安がることもグッと減りました。
    死ぬことを考え続けることはもうないし、そして少し、生きること自体も楽になりました。
    私も先生みたいにいつかなれるかな?!

     

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    対人援助のお仕事をされているTさんから個別SEPの感想をいただきました。

    ふだんは他者の相談に乗る仕事をされているTさんですが、

    心理テストの結果は明確に彼女の「しんどさ」を数値で示していました。

     

    生育家庭に課題があり、現在のご家庭でもしんどさをかかえていたわけですが、この状態で毎日、人の相談を受けることはさぞつらかっただろうと想定されました。

     

    対人援助の仕事をされている方、看護、ケアワークをされている方の中には、

    こうしたこころの傷をかかえた方が少なくありません(というか、多いです)。

    「もうこの仕事を辞めよう」と思われるまえに、

    「この人とは離婚しよう」と決断されるまえに、

    そして精神科の受診を検討するまえに、一度お話に来てみませんか?

    それは相手の問題でも、あなたの適性でも、病気でもなく、

    あなたご自身の「育ちの傷」が原因かもしれません。

     

    | SEPニュース | 13:28 | comments(0) | - |
    コメント
    コメントする